ギャンブルは絶対にしない

お金の無駄遣いを防ぐコツ | 多重債務が悪化し給料まで差し押さえ | ネットショップがうまくいかず借金 | ギャンブルは絶対にしない | お金の返済額を増やすために収入を増やそう | クレジットカードの使用は要注意! | 借金一本化は慎重に | 兄の借金、返済から自己破産まで | 私の借金の経緯と自己破産 | 姉がホストにはまり借金を300万も作りました | 一度借金をすると抵抗がなくなります | バンドマンの友人が借金を返済してくれない | 母の借金がもたらした不幸 | ギャンブル好きの親の借金トラブル

ギャンブルのせいで借金を作ったという人も多いですが、借金返済を終わらせたいならギャンブルは禁物です。

いったいなぜギャンブルがいけないのか、考えてみましょう。

ギャンブルに確実はない

競馬 ギャンブルは一日で大金を掴む可能性を秘めており、一攫千金を狙って借金を一気に返済してやろうと考えている人もいるでしょう。 しかし、どんなギャンブルでも確実というものはありません。

競馬などはデータを収集して分析することである程度勝率を上げることは可能でも、100%にはなりません。 たまたま1回当たったとしても、2回目、3回目には外れるかもしれません。 そんな確実性のないギャンブルを収入源にして、借金返済に充てようとする行為は極めて危険です。

また、ギャンブルには還元率というものがあります。 これは賭け金に対していくら払い戻されるかという率のことです。 運営元も儲けがなくては運営を続けられませんから、100%以上お客に勝たせる訳にはいかないのです。

還元率が高ければ確かに当たりやすいといえますが、ある人は勝ちが続いて勝率100%、またある人は負けが続いて勝率は50%を切ってしまうなど、人によってバラバラになることも予想されます。 たくさんのノウハウ本があるけれど百発百中はあり得ないので、あてにしないようにしましょう。

なぜはまるのか

分かってはいるけどギャンブルが止められない人は、勝った時の快感が忘れられないといいます。

しかも勝敗がその場で分かることも、依存しやすい原因のひとつだと言えます。 結果が出るのが遅い場合だとその間に頭が冷静になるので依存しにくいですが、お金をつぎ込んですぐ結果が出る場合は負けてもまたすぐに次の勝負に賭けたくなってくるのです。

負けた時の記憶もあるはずなのに、嫌な記憶は思いださずに、当たった時の興奮だけを求めて繰り返すため、どんどんはまっていきます。

賭け事を止めるには

ギャンブル依存は薬物依存と同じ様に、病気だと言われています。 依存が酷くなれば自分の意思だけで止められるものではありません。 しかし、病院に行ってもなかなか効果が出ない人たちもいて、難しい問題です。

止めるためのアイデアはいくつかありますが、同じ境遇の人たちが集うセラピーに参加し、体験を話しあうのもいいでしょう。 また、もしはまりそうだなと思ったら、できるだけギャンブル以外に夢中になれる何かを探して下さい。 仕事でもいいですし趣味でもいいのですが、ギャンブルをしたいという気をそらすことを見つけるのです。 そうすれば深みにはまることもないでしょう。

ギャンブルで借金地獄だけど自己破産
ギャンブルは免責不許可理由に該当する為、自己破産を行っても、債務の免除が受けれないことがありますが、裁判官の裁量により免責を認めて貰えることが多いです。

●金融・経済情報
官房長官 対北朝鮮で米政府の姿勢を評価 21:42:03 04/04
尖閣諸島沖 中国海警局の船が領海侵入 政府が対策室設置 14:30:09 04/13
日本の総人口 6年連続で減少 22:32:06 04/08
日米首脳電話会談終わる シリアや北朝鮮で意見交換か 16:50:58 04/05
公明 山口代表 都議選で全員当選目指す考えを強調 08:38:13 04/06
2025年万博の大阪誘致 政府が立候補を正式に了解 06:27:33 04/09
首相 アジア太平洋地域の平和に主導的役割果たす 23:10:28 04/11
環境相 熊本地震の廃棄物処理は計画どおり進む 21:39:30 04/07